トランスパーソナル心理学入門より「あなたが世界なのだ」

ホームページの自己紹介の「好きな言葉」に、

諸富先生の著書「トランスパーソナル心理学入門」から

以下の文章を引用して掲載しました。


「世界が幸せにならないうちは、私のしあわせもありえない」

いい言葉です・・・

------------------------------------------


あなたが世界なのだ


--「人生のメッセージを聴く トランスパーソナル心理学」
諸富 祥彦 著 講談社現代新書 P226より 抜粋--

自分の心の傷やさみしさをごまかすことなく、

しっかりと見つめる。


そしてそれと共にいて、

そこから聞こえてくるメッセージに耳を傾ける。


「私の癒し」に必要なこんな作業を続けていくと、

ほかの人の心の傷やさみしさに対しても

やさしい気持ちになれてきます。


そればかりではありません。


豊かさを求めてひた走ってきた社会のありさまや

そのような社会をつくり出してきた私たち自身の心、


そしてやはり同じようにして傷つけられてきた大自然、

この地球そのものの叫びにも、

耳を傾けることができるようになっていきます。


ここで、「私の癒し」と「他人の癒し」

「世界の癒し」「地球の癒し」とが、

それぞれ別個のものではなく、

本来ひとつながりであることが

じわーっと実感されていきます。


頭で理解するのでなく、

自分自身の心の傷への共感をベースにして、

じわーっと実感されてくるのです。


宮沢賢治ではありませんが、

世界全体がしあわせにならないうちは、

私のしあわせもありえない。


そんな心境になってくるのです。


これまでの心理学が、

個人の幸福追求、自己実現の手助けをするあまり、

かえって人を”自分”へのとらわれ=個人主義の牢獄に閉じ込め、

安手の癒しと引き換えに真の幸せから遠ざけてきたのと反対に、


トランスパーソナル心理学では、

他人の痛み、地球の痛みをみずからの痛みとし、

この社会の歪みをみずからの歪みとして

引き受けるような世界に開かれたあり方、

そんな険しい道をあえて目指すのです。



ここでは、

「私はほんとうはどう生きるべきか」という自己探求の問題と

「この世界はどこに向かうべきか」という社会変革の問題、

そして「私たちが傷つけた地球の生命をどう癒すか」という

エコロジーの問題とがひとつに溶け合います。


私たち一人一人の心を傷つけ生きづらくしている何かと、

この社会に歪みをもたらし地球を破壊へと追い込んでいる何か。

その両者は実はコインの裏表のような関係にあるのです。


従って、私たちに今求められているのは、私たちの内と外、

「精神世界の変革」と「社会変革の運動」とを

ひとつの流れと見て、同時に働きかけていくことです。



インド生まれの哲人クリシュナムルティは言います。


「あなたが世界なのだ」。


したがって世界を変えたいのなら、

まず自分自身が変わらなくてはならない、と。


「人生のメッセージを聴く トランスパーソナル心理学」諸富 祥彦 著 講談社現代新書 P226より
[PR]
by tamahomishio | 2004-12-26 21:25 | 自分の本質を輝かせる!
<< 「私が世界」ならば 【画像有り】薪小屋の戸&月明か... >>