溜め込んだ怒りと憎悪 その1

もう一週間まえになりますが、Rosemaryさんにブリージングセラピーを受けました。

見ていきたいテーマは「魔女狩りの記憶について」。

しかし、よっぽど封印が強いのか、なかなか何も感じられず、なにも見えないのです。

ただ、お腹がひどく痛くなっていきました。

痛むので両手をお腹に乗せていたのですが、まるでエイリアンでも入っているかのように、グリングリンと激しく腸が動くのです。

痛みもその激しい動きに応じて、背中、胃の辺り、下腹、と動きます。


「その痛みに焦点を当ててみてください。どんなエネルギーなんでしょうか。」


浮かんできたのは、“藍色の竜”。


「その竜は、何を訴えているのでしょうね。」


怒り。
激しい怒りのエネルギー。
目をギラギラと血走らせ、歯をがちがちと鳴らし、よだれをたらしながら、激しい怒りと憎悪に悶絶している。

渾身の力で壁に体当たりし、落ち、また体当たりし、落ち、それを繰り返している。

絶望的なまでの怒りと憎しみに、理性は完全に失っている。

呪い。

「俺はクズだ。でもお前らはもっとクズだ!!」

「全員皆殺しにして、それから俺も死ぬ!!!」

「殺す!殺す!殺す」

「許さない!呪う!呪い殺してやる!」


そんな言葉が聞こえてくる。

そんな呪詛と憎悪のどす黒いガスを吐き散らしながら、周囲の壁に体当たりを続けている・・・


ああ、だからこんなにお腹が痛いんだ。


お腹の中で暴れているのは、その竜でした・・・

(つづく)
[PR]
by tamahomishio | 2005-05-21 17:48 | 過去生の記憶?
<< 溜め込んだ怒りと憎悪 その2 過去生の記憶に対する私のスタンス >>