夫との出会いを詳しく連載しちゃいます(*^^*)その1

いずれ書きたいなーと思っていた夫との出会いの話を、詳しく連載しちゃいますね!(照*^^*)

実話です(^^)

一切脚色なしです。



あれは私がまだ21歳の2月、大学の3年生になる春休み、韓国旅行中のことでした。

その旅で、私は、子どもの頃から思い描いていた通りの、まさに理想の男性と出会ってしまったのです・・・。

本来全く接点のない私と彼との人生が、ソウルという異国の地で、その安宿で、たった三日間だけ、重なったのですが・・・。


そんなご縁で結婚することもあるんですもんねーーー

人生って、わかりません・・・



えっと、海外への憧れが強く、「世界旅行研究会」というサークルに所属していた私は、1年生の時の香港・中国旅行、2年生の時のタイ・インド・ネパール旅行に次いで、その春休みに訪れる三回めの海外自由バックパック貧乏旅行の行き先として、韓国を選んだのです。

その頃、盧泰愚大統領への反発で治安が乱れ、デモ騒ぎが頻発したんですね、韓国は。

それを聞くと、冒険心がうずいてしまって(苦笑)

迷わず韓国を旅先に選びました。



そんな私ですので、治安の悪い地域をわざわざ訪ねた若者がテレビでバッシング受けているのを見ると、わがことのように感じてしまいます(^^;

若者は危険な経験がしたいものなんだ、と私は思います。

今、通過儀礼というイニシエーションを失ってしまった若者が、「死と再生」を疑似体験するためにバイクを飛ばしたり危険な海外にわざわざ行ったりするのはとても健全なことなんじゃないか、と思うのです・・・

それは時として、すさまじい迷惑を家族に、そして日本国に与えてしまう危険な行為ではあるのですが・・・。


色んな無茶をしてきた私が、特にこれといってひどいめにも遭わずここにこうしていられるのは、何か目に見えないものに守られてきたとしか思えないなあ、と改めて・・・

そして、21歳になったばかりの若さで、運命の人、赤い糸の相手とめぐり合えたというのもまた、大いなるもの(サムシンググレイト)の導き、見守りを感じずにはいられません・・・


私には、物心ついた頃から、「こんな人でなければ絶対に結婚しない」という明確なイメージがありました。

どんなイメージかというと・・・

(つづく)
[PR]
by tamahomishio | 2005-07-29 19:04 | 自分の本質を輝かせる!
<< 夫との出会いを詳しく連載しちゃ... 魂に効く絵本「ナヌークの贈り物」 >>