【ときには甘えてもいいんだよ】魂に効く絵本

 優れた絵本、児童書は、大人の心をもわしづかみにし、揺り動かします。



     まるで恋のように。


魂に効く絵本  ~絵本は恋に似ている~ 2005.4.19 第5号
 

      ':・:*:. ☆ .:*:・:'



四月ですね。

新入園、新入学の季節です。


入学式、入園式での、
ちょっとおにいちゃんおねえちゃんになった自覚に
誇らしげに胸をそらすわが子の姿。

思わず鼻の奥がつんとした方も多いのではないでしょうか。


お子さんに限らず、
新年度からガラッと環境が変わり、
緊張した毎日を送っている方も多いことでしょう。


そんな皆さんにエールを送る絵本たち!




   ☆「そんなにがんばらなくてもいいんだよ、
            時には甘えてもいいんだよ」と

         優しく語り掛ける絵本 ご紹介

    
    『どんどこももんちゃん』(二歳くらいから)

    『ぼくがおっぱいをきらいなわけ』(四歳くらいから)
    




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 ● 『どんどこももんちゃん』

  とよた かずひこ 作・絵   童心社

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


     ~~あらすじ~~

  どんどこ どんどこ

     どんどこ どんどこ


  ももんちゃんが いそいでいます


  川を越え、

  急な坂をのぼり、


  時には 立ちはだかる熊を 投げ飛ばし(^^)


  時には ころび 

           



  それでも

  ももんちゃんは いそいでいます


  目に涙をいっぱいためて。



  どんどこ どんどこ

     どんどこ どんどこ




    どーーーーーーーーーん




  とうとう ももんちゃんは 目指すものに向けてダイブ!! 




  川を越え、山を越え、ももんちゃんが急いでいた先とは?




                  第7回日本絵本大賞受賞。






      ‘:・:*:. ☆ .:*:・:'





川を越え、山を越え、涙をこらえて
ももんちゃんが目指していたのは


  お母さん!



最後のぺージで、すごい勢いで飛び込んできたももんちゃんを
全身で受け止める大きなお母さん。

その柔らかい笑顔。



そしてお母さんの腕の中の


ももんちゃんの


安心しきった笑顔。



大人でもほろりとする読後感。




幼い日、お母さんの腕に飛び込んだときの 


 あの安心感、

  あの温かさ。

   体感する 無条件の愛。


おとなにもその感覚を思い出させる絵本。




      ‘:・:*:. ☆ .:*:・:'




人間は、直線上を移動するように成長するのではない。

年輪を描くように、同心円がふくらんでいくように成長するのです。

   


今日の朝ご飯をおぼえていられない老人でも
子ども時代の思い出は、昨日のことのように思い出す。


どれほど年輪を重ねても、中心にあるのは幼心であり童心なのです。


だからこそ、大人でも
お母さんに抱きとめられた時のことを思い出してほろりとできるのです。


年端のいかない子どもたちならばなおさらでしょう。



二歳くらいから喜ぶ

単純な絵本ですが、小学校低学年も大喜びします。



学年も上がったし がんばらなくては、と

慣れない環境で 気を張っている

小さいひとたちに 是非読んであげてください。


ももんちゃんと同化してハラハラしていた子どもたちは、

ラストシーンで

ホッと、体の奥がゆるむような安らぎを得ることでしょう。


そしてきっと、本を閉じたあとに

満面の笑みをあなたに向けてくることでしょう。



そこをすかさず、ぎゅっと抱きしめてあげてください。



 あなたは愛されている。

 私はいつでもあなたの帰りを待っている。

 あなたが泣きながら帰ってきたときに、抱きとめる用意がある。




たとえ無言のままでも、
それらの大切なメッセージがきっと伝わることでしょう。




待っててくれる人がいるから乗越えられる。

帰る場所があるからがんばれる。

抱きとめてもらえると信じられるから飛び込める。




 人とは そういうものなのです・・・ 






      ‘:・:*:. ☆ .:*:・:'





「どんどこももんちゃん」
とよた かずひこ 作・絵
童心社(およそ二歳から)

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4494001368/qid%3D1113905610/249-7239819-3785157
*まぐまぐのメルマガからAmazon.com へのリンクができなくなりました。
 上記のアドレスの先頭に『 h 』を付けて
 コピーペーストして使用してください。






      ‘:・:*:. ☆ .:*:・:'







 ☆「そんなにがんばらなくてもいいんだよ、
   時には甘えてもいいんだよ」と優しく語り掛ける絵本 
   もう一冊 ご紹介

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 ● 『ぼくがおっぱいを きらいなわけ』

  礒 みゆき 作・絵   ポプラ社

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



  ぼくはおっぱいなんてきらいだ。


  おっぱいをのむなんて、 

  あかんぼうのすることだ。


  うしのおっぱいは、

  おなかかおっぱいか わからないから きらいだ。


  おとうさんのおっぱいは、

  けが はえてるから もっときらいだ。



そう強がるのは、下に赤ちゃんが生まれた男の子。

お母さんのおっぱいをまさぐる赤ちゃんを横目に、

「おっぱいなんてきらいだ」とうそぶく。


そんながんばりやさんの男の子も

おでこをぶつけると

涙をこらえて

そっとお母さんの部屋をのぞく。


お母さんは

「まあどうしたの」と優しく呼びよせ、

ぎゅっと抱っこしてくれる。



  おっぱいは、

  やわらかくて あったかくて いいにおい。

  だから・・・

  せっかく がまんしてたのに・・・




  わぁーーーーーーーーーん




  だから ぼくは、 おっぱいがきらいなんだ。




四歳くらいから喜ぶ単純な絵本ですが、おとなも大受け(^^)。

そして、最後にグッとくる絵本。


下に弟妹がいて、

自分だってまだまだ甘えたい年頃なのに 

日頃から我慢している 

けなげな おにいちゃんおねえちゃんたちに、

是非読んであげてほしい。



「おとうさんのおっぱいは毛がはえてる、だってーー!」

面白がって笑っていたお子さんも、

ラストシーンではしんみりくるものがあることでしょう。



そこをすかさず、ぎゅっと抱きしめてあげてください。




 あなたはあなたのままでいい。

 そんなに我慢しなくてもいい。

 そんなに背伸びしなくてもいい。

 あなたはあなたのままで価値がある。

 あなたが泣きたいときに、私はいつでも抱きとめる用意がある。




たとえ無言のままでも、
それらの大切なメッセージがきっと伝わることでしょう。




待っててくれる人がいると 乗越えられる。

帰る場所があるから がんばれる。

抱きとめてもらえると信じられると 飛び込める。



 人とは そういうものなのです・・・ 




      ‘:・:*:. ☆ .:*:・:'




『ぼくがおっぱいを きらいなわけ』
礒 みゆき 作・絵
ポプラ社
 * 読んであげるなら4歳くらいから

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4591069737/qid%3D1113907821/249-7239819-3785157
*まぐまぐのメルマガからAmazon.com へのリンクができなくなりました。
 上記のアドレスの先頭に『 h 』を付けて
 コピーペーストして使用してください。




      ‘:・:*:. ☆ .:*:・:'




おとなだって、泣きたいとき、甘えたいとき、ありますよね。


ときどき、イメージの中で、

自分自身をギュッとハグしてあげてくださいね。


弱い自分、至らない自分、醜い自分・・・


普段、切り捨てたり無視したり責め立てたりしてしまう

みっともない小さな自分を

イメージの中で、ぎゅっと 抱きしめてあげてください。



そして


 あなたはあなたのままでいい。

 そんなに我慢しなくてもいい。

 そんなに背伸びしなくてもいい。

 そんなにがんばらなくてもいい。

 あなたはあなたのままで価値がある。

 あなたがたとえ

 どんなに弱くて欠点だらけでも

 私はあなたを受け入れ、抱きしめる。



と、語りかけてあげてください。



 待っててくれる人がいるから乗越えられる。

 帰る場所があるからがんばれる。

 抱きとめてもらえると信じられるから飛び込める。



次の日から、またがんばる気力がわいてくることでしょう。






==========================================================
癒し系メルマガランキング

心と身体を癒すメルマガが、すべてここにあります。
==========================================================
今日の内容はどうでしたか?
もし何か心に残りましたら、どうぞ応援のワンクリックを(^^)



メルマガ「魂に効く絵本」
登録はこちらから

.。.・:*: ☆ .:*:・:'


ブログランキングに参加してみました。
もしよろしければワンクリックを!

人気blogランキング
元祖ブログランキング

[PR]
by tamahomishio | 2005-04-19 15:34 | 魂に効く絵本
<< タロット占い師への道 その4 タロット占い師への道 その3 >>