波動療法個人セッション  親友Kちゃんからの体験談

もうすっかり波動療法の虜! 

めちゃくちゃ気持ち良いマッサージ

リーディング、波動

その上、心理療法も。

これを二時間弱びっちりと、先生二人がかりで。

あの日から、私は波動療法の素晴らしさを世の中に伝える伝道師となりました(笑)

ある日の日記で波動療法の魅力を熱く語った私ですが(^^)

私たちの熱いラブコールに答えて、小窪先生と荒島先生がまた北海道に来てくださることになりました!


      ‘:・:*:. ☆ .:*:・:'


親友Kちゃんから体験談をもらいました!

私の体験とはまただいぶ違うので(私は身体のマッサージしてもらったけどなあ)参考までにアップいたします!



    波動療法 体験談

波動という言葉のとうり、波動療法は日ごとに波打つように、わたしの体を揺さぶっている。

先生は、わたしの顔をじっと見て、「ものすごく、さみしがりやだね」と言った。

その後いくつかの質問に答えた後、

病弱な父を献身的に介護しながら商売を支える母の生き方から、

わたしが身につけてしまっているさみしい生き方に焦点を絞り込んだ。

ベットに横になり、頸椎から脊椎、仙骨を調整し、

問診で絞り込んだ私の生き方を、新たに入れ替えるためにじっくりと時間が使われた。


それは、生まれ直しというイメージ療法という感じ。

わたしは母の体内に戻り、もう一度受精の瞬間から、

希望に満ちて喜びのなかこの世に生まれ直してきた。

その後、私の二人の息子の産み直しも終えた。

この後、毎日の生活のなかで、少しづつ体が変化していくから、

ゆっくりするようにアドバイスされ、最後に わたしの顔をじっと見て、

「少年のような表情になったね」と言われた。



実は、わたしは一ヶ月前から左足がしびれと痛みで動けなくなっていた。

体が悲鳴をあげて、助けてほしいと訴えていたが、

どこで自分を休めていいのかわからなかった。

それは、母の生き方から学んだものだったらしい。

波動療法を受けてから、自分のからだを助けるのは、自分なのだとよくわかる。

あ、今これ以上動くと、また足のしびれが強くなる。

あ、立ちくらみがするから、この仕事は終わってないが休もう。

と、からだからのメッセージに即、対応しつつある。

これまでのわたしの芯だと思いこんでいたものは、

母の後ろ姿でしかなく、私は私の姿勢を意図して明確にもってないと、

歩けなくなって当然だった・・・。


でも、からだはゆっくりと私がバランスのとれる芯をさがしているかのように、

日々、小さな痛みを訴えて、調整をしているところ。


入れ替えたわたしの細胞は、波打ちながら自分自身に蘇る旅の途中。 

今度また、先生に、会えるのが楽しみ!!
[PR]
by tamahomishio | 2005-07-01 11:41
<< 魔女狩りの記憶 その4 長新太さん追悼号【魂に効く絵本】 >>