カテゴリ:未分類( 4 )

たとえ赤い糸の相手と巡り会えても【夫との出会い その14】

「こんな人でないと結婚しない」と思い描いていたその通りの人と出会う。
しかも旅先で。

先方までが私を気に入ってくれた。

奇跡ですよね。

赤い糸の相手だったということだと思っています。

でも、その後の展開は全然スムーズじゃなかった。

育った環境の違い、今いる環境の違い、趣味の違い、感覚の違い、すべてがすれ違って、つらくてつらくてたまらなかった。

苦しいばかりの毎日・・・。

とうとうつきあいだして数ヶ月後、別れました。


「偶然にばったり」もあり得ない遠距離恋愛です。

いったん別れてしまえば、復縁は難しい。

普通ならここで復縁はないことでしょう。



しかし、運命の天使様が微笑んでくれました。



別れてから1ヶ月ほどたった頃、電話が鳴りました。

韓国のソウルの安宿で一緒にたむろっていた仲間からでした。

彼との出会いの舞台になった、あの安宿です。


「“金髪の日本人”さんのところに泊めてもらってスキーしようと思うんだけど、一緒に行こうよ!」


その子は細かいことにはこだわらないニコニコ朗らかな男の子で、

  「“金髪の日本人”さんとは実はその後つきあって別れたので、
  気まずくてとても行けない」

と断っても

  「そう言わずに行こうよ」
  「いいじゃんいいじゃんそんなこと気にするなよ」

の一点張り。



普通、そんな理由を聞かされたら「そう・・・ごめんね・・・」とすぐに引っ込みませんか?




その子はニコニコと爆弾発言を平然と口にするような、それで
周囲が凍っていても気づかないような、そんな天然キャラでした(^^)



でも、そのカラリとした明るさに「別にいっかー」と行く気にさせられたんですから、私たち二人の恩人ですね。。。。

最近すっかりご無沙汰してますが、Kくん、感謝してます!



もちろん、嫌いになって別れたわけじゃなかったからこそ行こうかなと思えたんですよね。

そうでなかったら彼も歓迎してくれなかったことでしょう。

共通の話題がなくって寂しい、とか、私は寂しがりやで長距離恋愛には向かない、とか、そんな理由で「ちょっと無理かな」と思ったところに“金髪の日本人”さんが「僕とつきあっていてつらいなら別れようか」と身を引いてくれた。

そういう別れ方でしたから。

ドロドロの傷つけあいをして別れたわけじゃなかった。

その後もたまには電話で話してましたし・・・。

でも、「別れ」を口にしたのが彼からだったこともあり、「振られた」いう思いもあって、気まずいのは気まずかったのです・・・。



というわけで、朗らかで細かいことは気にしないKくんに強引にひっぱられる形で、富良野の彼のところにスキーに行きました。

出会ってからほぼ一年たった、初春の頃だったのではないでしょうか。



久々に訪れる彼の部屋はやっぱり素敵で、彼の手料理はやっぱり手際よく、
盛りつけも凝っていて、おいしい。


そして雪山での彼の姿はとっても格好良かったのです!(*^^*)


私の理想の男性の条件のうちの次の二つを十二分に満たす姿でした・・・

「大胆で実行力がある人」

「生命力の強い人。サバイバル能力のある人。
 自分の手で家を建てたり、自分で井戸を掘って水を確保できたりするような、
 山から獲物をぶら下げて帰ってきたりできるような、そんな人。」



スキー場なので当たり前ですが、雪が積もっていて寒いんですよ(^^;

で、彼も大阪出身で、つい数ヶ月前まで九州に住んでいた人のはずなんですよ。

北海道の冬なんて、初体験のはず。

スキー自体、初心者同様だと自分でも言っていて、決してそんなに上手ではない。



なのに、すごく堂々と生き生きと振る舞っている。

寒さや雪に全くたじろぐ様子がない。

アパートの前の雪かきとかをする姿が力強くて要領良くって、しかも全然めんどくさそうじゃない。
しんどそうじゃない。

私が慣れない重いスキー板を運ぶのに手間取っていると、片手でひょいひょい運んでくれる。

すごく親身に指導してくれて、教えてくれる。

それも全然偉そうじゃない。

「そういう俺も下手なんやけどな」と言ってハハハと屈託なく笑う。

こけるたび、「俺こんなとこでこけた~!」といちいち大笑い(^^)




またまた目がハートになりました・・・

正直に言って、惚れ直しました・・・(*^^*)



やっぱり私はこの人がいい!

ちょっとくらい趣味が合わなくても、感覚が違っても、ちょっとくらい寂しい思いをすることになっても、私はこの人じゃなきゃ嫌なんだ。

とにかく私はこの人がいいんだ。




でも、短い滞在期間はあっという間に過ぎ、帰る日が近づいてきました。


そんなとき、また“天然”くんのKくんが爆弾発言をしたのです・・・


(つづく)








.。.・:*: ☆ .:*:・:'





子どもの頃から思い描いていた理想の男性と出会った。

旅先で。

もうこれは運命の赤い糸だとしか思えない。

しかも、相手も私を好きだと言ってくれるようになった。

奇跡的に。





でも、出会うだけでは物語は進みませんでした。

このシリーズを書いていて気がついたこと。



「チャンスが巡ってきても、それをつかんでモノにするのは自分の行動力」

「出会った後、関係性を築いていくのは自分の努力」





人間関係はかくも難しい。

たとえ運命的な出会いだろうと、赤い糸の相手であろうと、容赦なく。

[PR]
by tamahomishio | 2005-08-23 19:25

波動療法個人セッション  親友Kちゃんからの体験談

もうすっかり波動療法の虜! 

めちゃくちゃ気持ち良いマッサージ

リーディング、波動

その上、心理療法も。

これを二時間弱びっちりと、先生二人がかりで。

あの日から、私は波動療法の素晴らしさを世の中に伝える伝道師となりました(笑)

ある日の日記で波動療法の魅力を熱く語った私ですが(^^)

私たちの熱いラブコールに答えて、小窪先生と荒島先生がまた北海道に来てくださることになりました!


      ‘:・:*:. ☆ .:*:・:'


親友Kちゃんから体験談をもらいました!

私の体験とはまただいぶ違うので(私は身体のマッサージしてもらったけどなあ)参考までにアップいたします!



    波動療法 体験談

波動という言葉のとうり、波動療法は日ごとに波打つように、わたしの体を揺さぶっている。

先生は、わたしの顔をじっと見て、「ものすごく、さみしがりやだね」と言った。

その後いくつかの質問に答えた後、

病弱な父を献身的に介護しながら商売を支える母の生き方から、

わたしが身につけてしまっているさみしい生き方に焦点を絞り込んだ。

ベットに横になり、頸椎から脊椎、仙骨を調整し、

問診で絞り込んだ私の生き方を、新たに入れ替えるためにじっくりと時間が使われた。


それは、生まれ直しというイメージ療法という感じ。

わたしは母の体内に戻り、もう一度受精の瞬間から、

希望に満ちて喜びのなかこの世に生まれ直してきた。

その後、私の二人の息子の産み直しも終えた。

この後、毎日の生活のなかで、少しづつ体が変化していくから、

ゆっくりするようにアドバイスされ、最後に わたしの顔をじっと見て、

「少年のような表情になったね」と言われた。



実は、わたしは一ヶ月前から左足がしびれと痛みで動けなくなっていた。

体が悲鳴をあげて、助けてほしいと訴えていたが、

どこで自分を休めていいのかわからなかった。

それは、母の生き方から学んだものだったらしい。

波動療法を受けてから、自分のからだを助けるのは、自分なのだとよくわかる。

あ、今これ以上動くと、また足のしびれが強くなる。

あ、立ちくらみがするから、この仕事は終わってないが休もう。

と、からだからのメッセージに即、対応しつつある。

これまでのわたしの芯だと思いこんでいたものは、

母の後ろ姿でしかなく、私は私の姿勢を意図して明確にもってないと、

歩けなくなって当然だった・・・。


でも、からだはゆっくりと私がバランスのとれる芯をさがしているかのように、

日々、小さな痛みを訴えて、調整をしているところ。


入れ替えたわたしの細胞は、波打ちながら自分自身に蘇る旅の途中。 

今度また、先生に、会えるのが楽しみ!!
[PR]
by tamahomishio | 2005-07-01 11:41

鎮魂と追悼のイベント「生命のメッセージ展in早稲田大学」

メルマガ「北海道知的探検わくわく情報」の編集後記でもお知らせした内容ですが、

たくさんの方にお知らせしたく、日記にも載せますね。



こんなお知らせが友人から送られて来ました。

 生命のメッセージ展in早稲田大学
 

 5年前、一浪して念願の早大生になった4月に、

 飲酒運転のトラックにはねられて命を落とした若者のお母さんが、

 こつこつと5年間全国で開催してきたイベントだそうです。



 ぜひ、上のURLをクリックしてみてください。



 展示内容を画像で見ることができます。

 交通事故や、強盗など暴力によって理不尽に命を奪われた方々の

 等身大のパネルがずらりと会場いっぱいに並べられ、

 そのパネルには顔写真が貼られ、

 そしてその足元にはその方々が生前使用していた靴が並べられています。




 ・・・泣けます。


 命の尊さ、人の存在の重みがダイレクトに伝わってきます。

 そこにいたはずの人が、いない、という重み。



 等身大のパネル、そして顔写真、そしてはきふるされた、靴・・・。

 そこには確かにその人がいたはずなのに、という痛みを伴う喪失感が

 満ち満ちています。


 理不尽な暴力によって突然断たれた命を

 悼みつづける切なさ、そして喪失感、鎮魂の祈り・・・


 その中に、ごく小さなパネル、ごく小さな靴も多数混じっているいたましさ。



 理屈ではなく、命の重みを体感します。

 もし可能な方は是非会場へ足を運んでくださいませ。
 

 -------------------------------------------
 生命のメッセージ展in早稲田大学

 開催期間 2004年12月7日(火)~12日(日)

 開催場所 早稲田大学 
      学生会館(文学部隣り)B2F多目的ホール・
      演劇練習室 エントランス付近

 大隈講堂2Fロビー (大隈講堂のみ11(土)までの開催です)
 ------------------------------------------
[PR]
by tamahomishio | 2004-12-07 20:58

心にサンタを住まわせる

絵本友達から「読み聞かせのコツなんかも毎回載っていて、すごく参考になるよ!」と紹介されたメルマガ、「読書離れ? えほんでかいけつ!」

読みやすく、着眼点が鋭く、読み聞かせひと言アドバイスも的を射ていて、毎回熟読してしまう(^^)

12/1発行の第53号に掲載されていた読み聞かせ日記がまた一段と印象的だった。

絵本の内容よりもいいけれど、何よりも読み聞かせしてもらった子どもたちの反応の描写がいい(^^)

年長さんの子どもたちが、サンタの存在の是非に深く気持ちを揺さぶられて、大真面目にかんかんがくがくと議論を始めるさまに、胸が打たれる・・・


子どもたちにとって、サンタさんがいるのかいないのか、そして今年ちゃんと自分のところへ来てくれるのかどうか、はそれほどまでに重大関心ごとなのだ。



松岡享子 さんの「サンタクロースの部屋」を思い出した。



子どもたちは目に見えないサンタの存在を信じる。

心の中にサンタを住まわせるのだ。

成長し、サンタは居ないことを知ったあとでも、

幼い頃にサンタを住まわせていた心のスペースは残る。



そこは、愛や友情や勇気や誠実さや夢など、

目には見えないけど尊いものが

大切にしまわれる場所となるのだ・・・



っておはなし・・・。



~サンタクロースってほんとにいるの?~

てるおかいつこ 文:杉浦範茂 絵
発売 福音館書店
初版年月日:1982年10月01日
28ページ 26X23cm 880円(本体838円+税42円)




『サンタクロースの部屋 子どもと本をめぐって』


著者: 松岡享子

出版社:こぐま社
ISBN:4772190015
サイズ:単行本 / 247p
発行年月: 1978年 11月
本体価格:1,500円 (税込:1,575円)
[PR]
by tamahomishio | 2004-12-01 20:29