カテゴリ:イベント情報( 2 )

赤井川お泊まり企画のご報告!

やっと落ち着きました~

今日はまだ二人お泊まりしてますが(笑)

(というわけで、コメントへのレスもメールの返信もまた滞ってますが、ごめんなさいね!)

延べ・・・何人が我が家を訪れたんだろう???


4/28~5/1、怒濤の数日間でした(^^)


いやあ、楽しかったです~

  連日の深夜までの話し込み。

  ワイン。

  波動のグループワーク。

  散歩。

  対面コーチング。


やっぱり私は人が好きなんだなあ、としみじみ。

毎日充実していました。

毎日、私は幸せでした(^^)


みんな、大好き~!!!!



波動のグループワークもすごい良かったですよ!


先生方の吸引力で、先生方と会って話した人が次々に参加を表明されるので(^^)、
前夜になってもまだ参加人数が増える増える・・・


とうとう、17名にまで増えました。

びっくり。



そしてまたその内容の濃いこと。



波動のグループワークについて、経験していない人に説明するのはすごく難しいのですが。

一言で言って、人との関わり方を学ぶ感じ。

人の出している波動への共鳴を体験する感じです。



本当に、響きますよね。


リアルな感情って、周囲の人の胸を直撃する。



「波動」。まさに「波動」ですよね。

空気をさざ波のように震わせて、何かが全員の胸に伝わっていく。

それを何回も何回も体験しました。

最初は受信機だった人たちが、感情の波動を受けることで感動し、そこで感動の波動の発信器となる。

相互に発信器・受信機を繰り返すことで、その波動を増幅していく。


言葉の必要のない、深い共感。

自分の内側からこみ上げてくる強い想い。

理屈ではない共鳴・共感。



人って、いいものです。

やっぱり、「海が大陸と大陸をつなぐように、感情が人を結びつける」のだと実感しました。
[PR]
by tamahomishio | 2006-05-01 19:56 | イベント情報

バッチフラワーレメディ初級講座@オブシディアンの里

私の住む小さな山村には、たくさんの黒曜石(オブシディアン)が埋まっている。

裏の畑とか、お隣のあぜ道などから、大人の握りこぶしよりも大きな黒曜石の塊を幾つか拾い、家に持ち帰ってきた。

そんなにゴロゴロと転がっていられると、ありがたみが薄れるものである。

家に持ち帰ったものの、特に飾るでもなく、ほったらかしてほこりをかぶっていた。


しかし、この秋、クリスタルヒーラーのなおこさんに

「えええーーーっ、ここはオブシディアンの上にある村なのーー?

どおりでなにかエネルギーが違うと思ったわー!

すごーーい!

さすがー!」

と、大感激され、急に黒曜石を見る眼が変わってきた(^^;

今は水晶のクラスターなどと一緒に、私の仕事机に飾られている。

突然の待遇改善に、石も驚いていることだろう(^^)





----------オブシディアンの意味------------

「ココペリの夢」は私たちを母なる神のハートと神秘の子宮の中へと誘います。

それはガイアの世界と、大地に根ざしたガイアのエネルギーに直接的につながっています。

オブシディアンは火山活動を通して自分自身に再びバランスをもたらそうとする、大地の激しいエネルギーから生まれました。

それは地中から噴出した溶岩が結晶化する間もなく冷却して、ガラス状のオブシディアンの層を形成してできあがったものです。


オブシディアンは常にヒーラー、シャーマン、メディスンマンたちのツールとして使われ、多くの古代文明で水晶占い(一種の予言と占い)に使われました。

それはネガティブなエネルギーを撤退させ、除去することで、好ましくないエネルギーを私たちのオーラや環境から追い払います。

鮮やかな白と黒の斑点を持つスノーフレークオブシディアンは、おそらくオブシディアンのファミリーの中で最も美しく、最も穏かなエネルギーを持つものでしょう。

それは歓迎されないネガティブなエネルギーを吸収し、穏かに取り除くのを助けます。


オブシディアンは非常に大きなグラウンディングのエネルギーを持つ石です。

それは物質界との統合が欠けている人々に、物質界とのより深いつながりを持てるようにすることでサポートします。

オブシディアンは、それが持つ大地のパワーで融合や共働作用をもたらし、私たちが自然の力とどのように結びつけばよいかということの、より大きな理解を得ることができるようにします。

オブシディアンのメッセージ

答えと洞察を得るには、自分の内側を見つめ、大地を信頼しなさい
エオラカード オブシディアンより

--------------------------------------------

このオブシディアンの層の上にある村、と思うと、

ただのさびれた山村だと思っていたこのド田舎の村が、

何かスピリチュアルな素養のある村に思えてくるから面白い。


「おらが村 スピリチュアル化計画」にも熱が入っちゃうよ!

1/13には札幌バッチフラワーレメディ研究所の冨澤先生を招いてフラワーレメディ初級講座を開くしね(^^)

あ、ちなみに村民限定、というわけではありませんので、

もし興味のある方で日時の都合のつくかたは連絡くださいね。

1/13(木)12時から15時です。


昨日は、ふらりと村の人が我が家を訪ねて来て下さいました。


その人はアイヌ語の地名の歴史などを趣味で研究されている方で、

あちこちの地名の由来や、アイヌ語での旧地名などを教えてくださった。

ああ、アイヌの方々が暮らしていた土地なんだなあ、と感慨新た。

今では全くアイヌの香りのする文化もなにも、全然残っていないけど・・・。

100年ほど前までは、ネイティブ北海道人がこの土地を闊歩していたのね。

きっとシャーマンもいたのね。

そうそう、すぐ近くには石器時代の絵画が残っている洞窟もあるし・・・。

急に自分の住んでいる村がロマンあふれる波動の高い場所に思えてきた、現金な私なのでした(^^)
[PR]
by tamahomishio | 2005-01-06 21:31 | イベント情報